仕事についての共有

OLってどんな仕事?

OLの仕事というと事務が主なものと捉えられていますが、では「OL」という職業の名前はどのようについたのでしょうか。
またこの言葉が誕生するまでの歴史についてもご紹介しています。

何気なく「OL」というフレーズを使っていても、そこまで知っている人は少ないのでは。
ちょっとした豆知識として知っておくと、周りから物知りと思ってもらえるかもしれません。

OLとして働くために資格は必要?

一般職としてのOLは補助的な仕事を主に行っていますが、資格を持っていることでメリットはあるのでしょうか。
また、資格をとるために勉強することでのメリットなども紹介しています。

現在は、IT関連をはじめ何かしらの資格を持って働くOLが大半で2~4つの資格取得者が大半を占めています。
女性が将来の結婚や出産を考えた時、資格は取っておくと良いかどうかにもふれる内容です。

資格を生かせる仕事の探し方

せっかく時間をかけて努力し取得した資格なので、生かせる職場を探したいもの。
でもやみくもに新しい職場を探すのは大変な上に、公開されていない求人については見ることさえできません。

そこで、どうすれば資格をもつOLが有利に仕事探しをできるかあらゆる方法をお教えします。
特に求人についての経験もあわせて持っていると、採用のチャンスはより一層高まることでしょう。
ここでは求人情報を見つける場所として、転職情報サイトや求人情報サイト、求人情報誌やハローワークの活用をおすすめしています。

キャリアアップに欠かせない資格取得

さらに上の立場や仕事がしたいとお考えなら、まず資格を身につけることをしましょう。
同じ会社内でOLをしていたけれど、そこからランクアップした仕事を担当できるかどうかの確認は欠かせません。

もし、昇進の見込みがないとすればそのまま会社でランクアップを目指して動き出すのもひとつの方法です。
しかしそれより他社に目を向けてみると、自分の資格と経験があればさらに良い条件で働ける職場が見つかることも考えられます。

キャリアウーマンとして長く仕事を続ける予定があれば、将来結婚や出産を迎えた時のことも頭に入れておかなくてはなりません。
すると、昇進制度の他に確認しておきたい福利厚生面での制度もあるでしょう。

あらゆる条件を考えたけれど、現在の職場では上を目指せないと分かった時、転職活動を始めるのでは。
すぐに仕事をやめるわけにはいかない人が多数なので、その場合は転職情報サイトの活用が便利です。
ここではおすすめの情報サイト一例をのせてあり、特に女性が働きやすい条件をメインに考えて情報検索できる女性向けサイトを紹介しています。

>>共有事項① 基礎知識
OLとはなにか

>>共有事項② 資格
OLが資格を持っているのはもはや普通のこと

>>共有事項③ 仕事探し
仕事をどうやって探していくのか

>>共有事項④ キャリアアップ
キャリア形成について