共有事項④ キャリアアップ

まずは資格の取得を

今はOLとして働いていても、「いずれもっと広い分野の仕事をしたい」、「キャリアウーマンに憧れる」という人はまず履歴書に書ける資格の取得をしましょう。
特にどの職場でもパソコン操作は必須なので、IT関連の資格があるとな有利になるはず。
そして、世間でも難しいといわれる資格にチャレンジし合格していると、さらに評価があがると期待できます。

しかし、資格をとると有利になるらしいからといってその日研修を受けただけでとれるような簡単な認定証などではほとんど意味がありません。
仕事の現場で使えるスキルについての資格を時間をかけてとっていることが大きな評価の対象になります。

経験もあるとさらに有利に

資格を持っていることは働く際に不可欠な職業もありますが、その資格についての経験も持っていると新しい職場を探す時には選択肢が広がることに。
もし国家資格のような資格と長年業務に携わった経験があれば、一般のOLではないまた違った仕事を任される立場になれるのでは。

しかし難関といわれる資格をとったことを周りの人間に話した場合、もしかすると人間関係が変わることも考えられます。
事務仕事を担当し、補助的な仕事をこなしていた人材が周りからスゴイとたたえられる資格を取ったということで、見る目を変える人も少なからずいるからです。

今の会社は昇進できるのかどうか

現在仕事をしていてさらにその会社で上を目指したいとお考えなら、まず会社での制度を確認する必要があります。
採用の仕方によっては、いくら資格をとったとして普通のOLとしての仕事しかさせてもらえず給与アップも見込めない場合があるからです。

いくつか確認しておくポイントとしては、今働いている職場で上司が講習会などの受講に理解があり自分に対する評価は納得できるものかどうか。
また人事規定に、業務の評価を昇進につなげると定めてあるか、後輩教育に対する権限の有無、プロジェクトメンバーへの推薦は可能かなど。

そして、キャリアウーマンを目指すなら欠かせないのが結婚と出産の時のことで、出産育児休業についての規定と理解があるかも欠かせません。
なかなかこれだけそろっている企業はないかもしれませんが、無理して規定を変えようと働くよりも自分に合った場所へ転職する方が時間も体力も資格も上手に使えるのでは。

さらにそれらの規定がきちんとある会社であっても、人間関係は昇進に大きく関係があると考えられます。
たいていの場合、昇進を決定するのは上司なのでその人に嫌われていると余程のことがなければ昇進はまずないでしょう。

転職するなら転職専門サイトが便利

今の職場に昇進の望みがないと思われたなら、思い切って転職してキャリアアップしてみては。
ですが、一般職のOLとして働いていると特に次の仕事へつながるご縁はつくりづらいものです。
そんな時には転職の求人をメインで取り扱っている転職求人サイトの利用が便利でしょう。

サイトでは女性におすすめの求人だけが集められており、さらにお好みの条件を入力してしぼりこめるのでとても便利。
そして会員登録をすれば、非会員には公開されない非公開求人が届くこともあります。
特に仕事を続けながらの忙しい転職活動には転職サイトから届けられる求人情報はとてもありがたいものになるはず。