番外編としての資格

今人気のネイリストが狙い目

ちょっと仕事関係の資格とは離れて、興味が持てそうな資格の勉強を楽しむこともプライベートが充実する素敵な方法。
最近ネイルアートを楽しむ女性が増えているなか、ネイリストの資格取得を目指す人も増えています。

ネイルを楽しむ人が増えるにつれ、ネイリストにに求められる技術も高まってきているからです。
まだまだ成長を続けるネイル市場なので、昼間はOLとして仕事をしながら夜はネイリストになるべく勉強するという人も多いようです。

どうやって勉強するの?

ネイリストになるためには必ず教室へ通ってプロの元で指導を受けなければならない、という決まりはありません。
国家資格のような厳しい資格がなければネイリストになれないわけでもないため、通信制で学んでもスクールに通ってもOKです。

お気に入りのネイルサロンがあれば、そこでどのように勉強したのかを尋ねてみるのもひとつの方法です。
もしかするとそのサロンでスクールが開かれていて紹介してもらえる場合もあります。

さらにワンランク上のネイリストを目指す

ネイリストが求められているとはいえ、その一方ですでにネイルサロンは飽和状態とも言われるネイル市場。
その中で生き残れるネイリストになるためには、その他の技術も身につけておくと差別化がはかれます。

たとえばカラーセラピーですが、ただお客様の好むデザインをのせるだけではなく「こんな気分になりたい」などの気持ちをくみとってアドバイスしながらネイルデザインを一緒に考えることもできるでしょう。
またはフェイスマッサージなどエステのサービスもできるようになっておけば、幅広いメニューを用意できるでしょう。