注目記事


TOEIC

一般職を担当するOLなので、英語力がなくても仕事ができるイメージはないでしょうか。確かに一部の事…


共有事項③ 仕事探し

就職や転職などを調べているときに、資格を持っていれば有利になるとの情報を見かけたことはないでしょ…

パソコン用語を知る

知識習得で就職を有利に

ほとんどの仕事で電子機器を利用しています。
中でもパソコンは、いろんな企業でいろんな職種で利用されている電子機器になります。

その職業に就職するためには、必要なパソコン知識を習得しておくことも必要になります。
パソコンを使うときにはパソコン専門に使う言葉が存在しています。
パソコン用語集と呼ばれるものですが、この用語を理解している人と聞いたことがある人では、パソコンのスキルレベルが大幅に異なってしまいます。

企業の中には、パソコンスキルを上達させるためのセミナーや研修を設けているまたは積極的に参加するように推奨していることがあります。
それだけ重要なパソコンでは、パソコン用語を理解していなければ使いこなす事は難しい電子機器になります。

基本的な用語

パソコンを使う上では必要最低限のパソコン用語を理解しておくことが必要となります。
パソコンは大きく分けてWindows系とMac系に分類することができます。

企業で利用しているのがWindowsに分類されるパソコンになります。
自分自身が利用しているパソコンの種類でこのWindowsに該当するかしらなければパソコンを利用することが難しくなります。
OSと呼ばれるソフトがありますが現在のパソコンはこのOS (オペレーティングシステム)がどのような種類なのか理解していなければパソコン操作がパソコン画面が異なってきます。

企業で利用されているWindows系は最近OSの変更が進められており多くのパソコンがWindows Vista以降のOSに変更されています。
このOSは基本ソフトと呼ばれているものでパソコンのソフトを実行させるために必要な基本ソフトになるので、どのようなパソコンでもこのOSがインストールされております。
重いとパソコンを利用していると言われる言葉がありますが、この重いという人には容量の大きいプログラムやアプリケーションの影響でプログラムの負荷が大きくなることで、パソコンの処理速度が遅くなる状態を呼びます。

パソコンを長く利用しているとアップデートを行う必要があります。
このアップデートもパソコンの専門用語になります。
ソフトウェアを新しいバージョンに変更するための処理をアップデートと呼びます。

パソコンの中にある様々なソフトを長年利用していると必ずこのアップデートを行う必要があります。
パソコンを利用しているユーザーの中には、アップデートを行わず利用していることでパソコンのトラブルが発生してしまうことがあります。
そのため定期的に提供されるアップデートプログラムは、必ず実行する必要があるものになります。

このアップデートを行うことでパソコンに様々な影響が生じパソコンを通常通り利用できなくなった時に行いたいのが復元になります。
この復元は、過去の状態にパソコンを戻すことができる方法ですが、復元ポイントを自ら設定しておくことが必要です。