注目記事


TOEIC

一般職を担当するOLなので、英語力がなくても仕事ができるイメージはないでしょうか。確かに一部の事…


共有事項③ 仕事探し

就職や転職などを調べているときに、資格を持っていれば有利になるとの情報を見かけたことはないでしょ…

セキュリティ対策

サービスとソフト

セキュリティー対策を行う時に選択する方法でインターネットの契約先であるプロバイダが提供するウイルスサービスとパソコンユーザーが自分で利用するウィルスソフトのセキュリティー対策があります。
パソコンで利用できるセキュリティー対策は、複数の方法を採用するとパソコンの使用時のトラブルが生じるため複数の方法を採用することができないです。
そのためセキュリティー対策は安全で万全なものを選択することになります。

インターネットのプロバイダーを利用したウイルスサービスは、プロバイダーのインターネット通信を利用した時にウィルスチェックをするサービスとウィルスソフトをダウンロードして利用するサービスに分かれます。
前者の場合には、インターネットの通信を利用しないとウィルスチェックを行うことができませんが後者の場合には、プロバイダが提供するセキュリティー対策のソフトをパソコンにインストールすることで通常のウィルスソフトと同じように利用することができます。

パソコンにインストールしているウィルスソフトならば、パソコンが外部メディアと通信またはデータを取り込む時に安全にウイルスチェック行うことができます。
特にUSBメモリなどの外部メモリ等を利用する時にウイルスチェックを行うことになるので、安心して利用することができます。
多くのパソコンユーザーがこちらのウィルスソフトを利用したセキュリティー対策を採用しています。

無料と有料

多くのパソコンユーザーが利用するウィルスソフトですが、無料のウィルスソフトと有料のウィルスソフトは存在しています。
無料のウィルスソフトは、インターネット上でフリーソフトとして得るソフトが提供されており、誰でもダウンロードしてインストールすることが可能となっています。

しかし、フリーソフトのウィルスソフトの中には、課金をしなければ利用できないサービスが含まれています。
また、定期的なウィルスソフトの修正プログラムを提供しない場合には新しいウイルスに対応することが難しくなります。
この修正プログラムのダウンロードも課金対象となっている場合があります。

後者の有料ウィルスソフトは、ウィルスソフトを購入または得るソフトをダウンロードしてパソコンにインストールして利用することになります。
多くのユーザーが利用するセキュリティー対策では、こちらの有料ウィルスソフトの利用が圧倒的に多いです。

有料ウィルスソフトでは、修正プログラムのアップデート行うことができるので、新しいウイルスに対応するセキュリティープログラムを提供された都度インストールすることでパソコンのセキュリティー対策が向上することになります。
また、最近のウィルスソフトは、1年しか使用できないソフトだけでなく3年間利用することができるウィルスソフトが発売されています。