注目記事


TOEIC

一般職を担当するOLなので、英語力がなくても仕事ができるイメージはないでしょうか。確かに一部の事…


共有事項③ 仕事探し

就職や転職などを調べているときに、資格を持っていれば有利になるとの情報を見かけたことはないでしょ…

ウィルスの感染経路

パソコンの脅威

パソコンを利用していて注意したいのが静電気とウィルスです。
静電気については、パソコン内部の電子機器は、静電気にとても弱いものばかりで、内部の掃除やパソコンパーツの交換の時に静電気を発生させることで故障の原因となります。
ウィルスについては、現在のウィルスの怖さと今までのウィルスの怖さが異なっていることになります。

今までのウィルスの感染経路については、インターネットの閲覧や電子メールそしてUSBメモリの貸し借りによりウィルスの感染が発生しています。
今までのウィルスについては、本来の目的がパソコン自体を破壊するまたは感染させたパソコンを利用できなくさせるのが主な目的としたウィルスばかりです。

このため、今までのウィルスについてはパソコンが故障するまたは壊れてしまい買い換えることになるのがウィルスの脅威であり感染したパソコンの症状となっています。
そのため今までのウィルスの感染に関しては、対象となったパソコンの損失が主な損害になります。
しかし、最近のウィルスについてはパソコンを破壊する等の目的だけでは止まらなくなっています。

現在のウィルスの感染経路については今までと変わりなく、怪しいインターネットのホームページの閲覧や身に覚えのないメールの開封そして感染している可能性のあるUSBメモリの利用によりウィルスに感染することになります。
しかし、感染したパソコンの状態が今までのウィルスの感染と大きく異なります。
それは、今までのウィルスの感染によるパソコンの故障やパソコンの破壊を目的としたウィルスではないと言うことです。

個人情報の価値

個人情報保護法のより個人に関する情報は、今までのように簡単に入手することができないです。
そのため個人の情報はとても価値のあるものになり、人によってはこの個人の情報を入手して利益を得る道具となります。

ウィルス感染に関しては、今までと同じようなウィルス感染経路になりますが、パソコンがウィルスに感染してしまうと、そのパソコンにある個人のデーターが流出してしまうことになります。
また、個人のデーターでは他人のメールアドレスが保存してあればその他人のパソコンにも感染する可能性が高くなります。

今までのウィルス感染と異なり今のウィルス感染は、パソコン自体が感染していると認識していない状態になるので、そのままパソコンを使用することでさらにパソコン内部のデーターを流出してしまうことになります。
また、新しいウィルスの感染としては、感染したウィルスを踏み台にして特定の施設のインターネットにアクセスする、なりすましの問題があります。

このように最近のウィルスの感染については感染経路がわかっていてもパソコン自体が感染しているとわからない状態になっています。
できるだけ怪しいホームページ等の閲覧は控えることが安全にパソコンを利用することになります。