持っておきたい資格

OLも資格が欠かせない時代に

一般職といえども、仕事で使えるスキルを証明する資格が必要とされるようになってきました。
もしそのスキルが備わっていて十分仕事ができるといっても、客観的に証明された資格がなければなかなか難しいもの。

特に採用試験のなかで、書類選考があればそこで会社での業務に向いた資格があるかどうかを判断されます。
実際、資格を基準にして採用不採用が決まるポイントになることも。
このようなことからも、就職転職や昇進には業務に直結する資格が欠かせないことがわかります。

OLもTOEICテストを

一言でOLといっても支える業務は非常にさまざまで、同じOLのはずなのに全く違う職種で働いていることも。
取引先や、海外にもオフィスがある企業は、英語力の必要性が出てきます。

そこで注目される資格はTOEIC。
とはいってもTOEICは資格試験ではなく、スコアで英語コミュニケーション能力を示すテストです。
もし英検で何級かを持っていたとしてもTOEICに変わることは難しいので、改めてTOEICテストを受け自分自身のスコアを知りアピールする方をおすすめします。

ここではTOEICとはどのような試験かの解説と試験対策について説明しています。
企業のOLとして働くのなら、英語力があるかどうかでも職場選択の幅が変わってくるでしょう。

IT関連の資格なら「MOS」

OLが事務仕事の中で使うソフトとしては、マイクロソフトオフィスが主なものという企業が多数。
そこで最近OLの間で人気の資格が「MOS」です。
マイクロソフトオフィスを使いこなせるという証明になる資格で、しかも世界共通のため国際的な企業でも通用するといえます。

企業側からも、この資格を持つ人を優先して採りたいとの気持ちがあることからもOLの就職や転職には持っていると有利になるポイントでは。
そして試験の実施回数も割と多く、開催地は全国と幅広いので勉強さえ頑張れば仕事にも生かせ、スキルが証明されて自信にもつながるでしょう。

>>TOEIC
英語力が試される代表的存在

>>MOS
持っていると一歩リードか