注目記事


TOEIC

一般職を担当するOLなので、英語力がなくても仕事ができるイメージはないでしょうか。確かに一部の事…


共有事項③ 仕事探し

就職や転職などを調べているときに、資格を持っていれば有利になるとの情報を見かけたことはないでしょ…

ITパスポート

スキルレベル

日本の経済産業大臣が実施している国家試験の情報所有者試験は、現在スキルレベルが1から4に設定されています。
情報処理技術者試験は、2009年から現在の試験区分と試験に分類された試験です。

ITパスポート試験は、情報処理技術者試験の中でもスキルレベルが1となっているこちらの試験の中で1番易しい試験に分類されます。
こちらの試験はもともと初級システムアドミニストレータ試験(以下初級シスアドと呼びます。)の試験の後継試験となっています。

しかし、試験内容や難易度では初級シスアドに比べると大変低い試験になっています。
初級シスアドでは平均28歳前後の業務経験のある社会人が受験していましたが、今のITパスポートの試験では学生が受験する試験に変化しています。
受験資格がなくパソコン初心者でも受験することができるこちらの試験では、合格率が50%前後の合格率となっています。

受験対象者

情報処理技術者試験のITパスポート試験は、レベル1の試験となっており受験資格が必要のない試験なので誰でも受験することが可能な試験です。
また、こちらの試験は商業高校等では、日商簿記検定と同じように受験することが必須科目となっている試験です。

そのため多くの学生が受験する国家資格となっています。
また、現在のITパスポート試験は、原則として毎月試験が開催されております。

試験内容

情報処理入社試験のITパスポート試験は、全部で100問の四肢択一のマークシート方式の試験となっております。
試験時間の長い試験で2時間45分で解答することになっております。

合格基準は1,000点満点で採点されている内総合得点が60%以上で各個別分野の30%以上の解答が正解していないと合格できない試験になります。
また、現在はCBT方式と呼ばれる試験のすべての行程をコンピューター上で行う試験となっています。

こちらの方式の特徴は問題の配布や答案を回収する手間がはぶけ採点についても人が個別に採点するよりも早く行うことができます。
日本でも医学部などの学力テストに導入されている試験方法となります。

ITパスポート試験のメリット

以前行われていた初級シスアド試験よりも難易度が易しくなった試験ですが、企業からは高い評価を受けている国家試験で企業の推奨資格として採用されています。
そのため通信講座の受講料について企業が負担をしたり合格者に対する一時金支給などを行う企業が増えています。
学校等については、こちらの試験に合格することで大学等の入試優遇制度を採用しているまたは単位認定制度採用している学校があります。

また、情報処理技術者試験はこちらの試験だけではなく難易度の高い難しい国家試験があるので、こちらの試験を勉強することで、必要な知識と基礎を勉強することができます。
そのため、上位の国家資格を目指す人でもこちらの資格の勉強をすることは大変メリットがあります。