MOS

OLに人気の「MOS」ってどんな資格?

最近人気がある資格のひとつに「MOS」がありますが、これは「マイクロソフトオフィススペシャリスト」のこと。
エクセルやワードなどのマイクロソフトオフィス製品を利用できるスキルの証明となる資格です。

これまでの経験からエクセルやワードなどをしっかり使えるようになっていても、客観的に証明されていなければなかなか実績として認められないことも。
また、あらゆる資格試験ではそのための勉強が実務につながりにくく、資格をとっても仕事に役立てにくいものもあるでしょう。
その点、MOSは資格試験対策がそのまま実務に直結するので、現場でのパソコンスキルをアップしたい人にはぴったりの資格です。

MOSを取得するメリット

資格試験の勉強がそのまま現場での業務に関わるスキルの向上につながるので、作業効率のアップが図れます。
そして仕事場での給与アップや昇進のきっかけになるかもしれません。

また、キャリアアップのための転職を考える時には、実力アピールのポイントができるでしょう。
現在多くの企業で社員教育の一環として導入されているため、既にその資格を持っていることは応募先の企業から優遇されると期待できるはず。

さらにMOSの特徴として、日本国内だけではなく世界で通じる国際資格という点があります。
これなら就職や転職活動の時にもあらゆる企業でアピールできるポイントになるはず。

MOSの試験内容と試験実施場所

オフィスソフトでは、バージョンごとに内容が改善されるなどして違いがあるため、試験内容もバージョンによって違ったものに。
スキルレベルによってスペシャリスト(一般)とエキスパート(上級)にわかれていますが、どれも独立しているため一般を飛ばして上級を受けても構いません。
そして、バージョンごとに合格が認められるので、もし他バージョンでの資格が欲しければ再び該当バージョンを受験することになります。

MOSの試験を受けるには、全国一斉試験と随時試験がありどちらでも構いません。
全国一斉試験の実施は毎月1~2回で、随時試験の場合はそれぞれの試験場が決めた日程で行われます。
そして受験申し込みの方法は、インターネットや郵送を使った申し込みができるのが全国一斉試験で、随時試験は希望の試験会場へ直接申込みしましょう。

試験対策の勉強方法

MOSの資格をとろうとお考えなら、独学で学ぶか教室へ出かけて習うかの選択肢があります。
まず、独学で参考書を使った勉強方法を選ぶのなら仕様教材は公認のものにしましょう。
一番試験向けの内容を期待でき、出題傾向などをしっかり学べます。

独学では不安な人にはスクールでの対策講座受講がおすすめ。
全国で行われるMOSの試験実施校では多くの場合、対策講座が行われています。
そちらをMOSの公式サイトから探し、通っておけば試験当日も慣れた場所で受験できるので緊張しないでいられるのでは。